KAIZEN RECRUITとは

「KAIZEN RECRUIT」(カイゼンリクルート)は、日系企業のグローバル人材採用のために設計された、録画面接機能付き人材採用管理システムです。

日系企業が強化している国内外のグローバル人材採用で課題となる煩雑な業務や言語の壁を解消するためにデザインされています。

例えば、日英二ヶ国語に対応しているため、採用側も候補者側もストレスなくご利用いただけます。さらに、エントリー時の自動スクリーニング、録画面接、面接の自動日程調整機能を使えば、時差や大量のメールのやり取りに悩まされることなく、初期の選考プロセスをスピーディーに進めることができます。

日系企業のグローバル化が進むなか、多様な人材を世界中から採用する時代に作られた唯一無二の採用管理システムです。

既に利用している採用システムと並行しながらKAIZEN RECRUITを導入し、グローバル人材の採用を加速化させましょう!

KAIZEN RECRUITの強み

KAIZEN RECRUITの強みは、日本と海外のグローバル人材採用プロセスを一気に効率化させることです。KAIZEN RECRUIT を利用することで、ひとりあたりにかける採用業務の時間を50%削減*することができます。

世界中からの応募の自動スクリーニングしたうえ、語学力を予め録画面接でチェックすることで、二次面接を約80%削減*することができます。

さらに面接日程調整、候補者とのやりとり、候補者の選考状況レポート、各求人媒体や採用チャネルごとのパフォーマンスなど、すべてのプロセスをワンストップで管理することができます。

さらに、日英二か国語に対応しているため、国内外の採用チームと同じプラットフォームを活用して選考プロセスを進めるのに大変便利です。

(データ: 当社調べ)

KAIZEN RECRUITの特長

自社HP、求人媒体、人材紹介会社からの応募を一括管理

自社採用ホームページ、LinkedIn、Indeedをはじめとする求人媒体、人材紹介会社からの応募をすべて連携し、KAIZEN RECRUIT で一括管理することができます。海外の多様な媒体と連携しても、すべての情報やデータがひとつに集約されるので、これまでの採用業務がよりシンプル化されます。

世界中の応募を自動スクリーニング

世界中からの応募をエントリー時に自動でスクリーニングすることができます。予め設定した条件で一気に自動でスクリーニングをかけることができます。例えば、語学力、学歴、経験、資格などを条件として設定しておけば、条件を通過した候補者が第一次書類選考を通過することになります。

ゼロ次面接に代わる録画面接

自動スクリーニングを通過した候補者は、一次面接の前に録画面接(ゼロ次面接)に進みます。候補者は、画面に表示された質問に対して回答の動画を録画し提出します。グローバル人材の語学力チェックを目的とした一次面接を録画面接で対応すれば、海外の候補者と日本の採用担当者が悩まされていた時差や日程調整のやり取りから開放されることにつながります。

ひとつの画面で動画再生と履歴書閲覧

録画面接機能が予め搭載された採用管理システムのため、録画面接の動画と履歴書を同じ画面内で並べて表示することができます。そのため、それぞれの情報を閲覧するために、情報を照合したり、画面を行ったり来たりする必要がありません。候補者の情報がまとめて表示され、ひと目で情報が把握できることがプロセスのスピードアップにつながります。

時差やメールのやり取りを不要にする自動日程調整

録画面接通過者は、面接官のカレンダー(Office 365、Google Calendar)と同期された面接可能日を確認のうえ、候補者が面接日をスケジュールすることが可能です。採用側と候補者がひとつのカレンダーにアクセスすることで、採用担当者が候補者のいる国との時差を計算したり、候補者と面接官の仲介役としてメールをやり取りする作業から開放されます。

候補者に関する面接や評価のログを記録

候補者に関するコメント、面接の評価といったログを社内の採用関係者と共有し、記録として残しておくことができます。これにより、面接官が事前に選考プロセスのログがわかるため、候補者と面接した際、「これまで誰と面接したか」といった質問をする必要がありません。このような小さな情報を予め知っておくことで、候補者側に悪い印象を与えるのを防止することができます。

候補者の情報を一元管理

候補者の履歴書、録画面接動画、面接結果、すべてを一箇所でまとめて表示しながら選考することができるため、異なるファイルやシステムを行ったり来たりする必要がありません。選考のステップや情報を蓄積しておくことで、最終選考段階で迷った時に再度すべての評価をレビューし直すことができるので、選考に関わった社内の評価者に繰り返し感想を聞き直す必要がなくなります。

選考プロセスの進捗レポート

採用活動の応募から内定まで、選考プロセスを数値化したレポートで表示させられます。応募者数、スクリーニング通過者数、録画面接通過者数、面接通過者数など選考の進捗を確認することが可能です。また、各求人媒体やチャネル(イベント、人材紹介会社など)の流入窓口ごとにパフォーマンスも確認することができるため、様子を見ながら、採用活動の最適化を図るこができます。例えば、各求人媒体の利用を取捨選択したり、求人広告の出稿量を増加するといった軌道修正をリアルタイムに実施することができます。

候補者データをCSVでダウンロード

すでに採用で利用しているシステムがある場合、CSVでダウンロードしたKAIZEN RECRUIT の候補者データをメインのシステムにアップロードし、データを統合することもできます。

日英バイリンガル対応で採用側・候補者側の両者が安心して利用

KAIZEN RECRUITは、日英二ヶ国語に対応しているため、日本と海外の採用担当者が言葉の壁を乗り越えて、一緒に採用活動を進めることができます。例えば、選考作業を日本と海外のタイムゾーンが異なる地域で共同で行うことで、プロセスをスピーディーに処理することにつながります。また、候補者側に対するインターフェイスも日英両カ国語で対応しているため、エントリーの操作を安心して行うことができます。言語の障壁で応募を躊躇したり、操作の間違いを防ぐことになります。