KAIZEN RECRUITが選ばれる理由

KAIZEN RECRUITが選ばれる最大の理由は、日系企業が日本と海外でのグローバル採用プロセスを一気に効率化させられることです。

KAIZEN RECRUIT を利用することで、候補者ひとりあたりにかける採用業務の時間を10時間*削減することができます。具体的には、世界中からの応募の自動スクリーニングしたうえ、語学力を予め録画面接でチェックすることで、二次面接を約80%削減*することができます。

面接日程調整、候補者とのやりとり、候補者の選考状況レポート、各求人媒体や採用チャネルごとのパフォーマンスなど、すべてのプロセスをワンストップで管理することができます。

さらに日英二か国語に対応しているため、国内外の採用チームと同じプラットフォームを活用して選考プロセスを進めるのに大変便利です。

お客様の声

江崎グリコ株式会社 海外人事グループ長 東野敦様 より

「実際に採用管理システムを使用したのは今回が初めてです。KAIZEN RECRUITの性能に大変満足しています。採用業務の効率化が劇的に向上しました。」

導入企業

KAIZEN RECRUIT は、日系企業のみならず海外の企業にもご利用いただいております。

企業の活用法

1. グローバル人材採用管理ツールで母集団を拡大化

KAIZEN RECRUIT は、新卒や中途採用ツールと並行して、国内外のグローバル人材採用専用ツールとして活用されています。グローバル人材採用では、自社ホームページをはじめ、求人サイトの LinkedIn、Indeed、採用を実施したい国や地域の特定求人媒体など、多数の流入経路からのエントリーデータを一つに集約して管理することができます。また、KAIZEN RECRUIT は日英二ヶ国語対応のため、候補者が言葉の壁が原因でエントリーを躊躇する心配がありません。企業で既に使われている採用ツールに加えて KAIZEN RECRUIT を使えば、国内外からより多くの方に応募してもらえ、人材プールの拡大を図ることができます。

2. 録画面接で言語能力スクリーニングを加速化

KAIZEN RECRUIT の録画面接機能では、候補者の言語レベルを面接前に審査するために活用されています。録画面接のメリットは、対面式の面接を実施する前に候補者の言語スキルやコミュニケーション能力を審査できることです。候補者は、企業が設定した質問に対して回答をオンラインで録画のうえ提出します。例えば、在外邦人留学生であれば英語、一方、海外人材は日本語のレベルを確認することができます。さらに、グローバル人材採用では、海外の候補者とオンラインで面接をする際、時差がネックとなります。しかし、録画面接を導入することで、候補者と採用企業が好きな時間に初期選考プロセスを進められます。録画面接は、候補者と企業の双方にとって効率がよく、時差のストレスからも開放されるため、数多くの審査をスピーディーに処理することができます。

3. 就職イベントで応募と面接予約作業を簡素化

KAIZEN RECRUIT は、国内外での就職イベントにおけるエントリー登録と面接スケジュール設定に活用されています。特に海外の就職イベントでは、書面で履歴書を提出すると同時に候補者が並び順番に面接を行うケースが見受けられます。しかし、KAIZEN RECRUITのエントリーと面接予約設定画面をパソコンやタブレットでブースに設置しておけば、候補者にその場で登録してもらうことができます。候補者が面接に並ぶ時間や採用担当者が面接日程調整作業から開放されるため、ブースで候補者に対して、会社や仕事の説明に時間を使うことができます。

4. 提携 RPO(採用業務委託)導入でプロセスを合理化

KAIZEN RECRUIT では提携パートナー企業と協業し RPO(採用業務委託)サービスも提供しています。企業でKAIZEN RECRUIT の初期設定や運用フローの構築に割く工数がなくても、RPO を利用すれば、企業のニーズに合わせて立ち上げをサポートすることが可能です。業務を委託することで、担当者は本来の採用業務に専念することができるうえ、専門家がムダのない採用フローを構築するため、グローバル人材採用プロセスの合理化につながります。

5. 人材紹介会社やリファーラルのやり取りを簡略化

KAIZEN RECRUIT には、人材紹介会社や社員からの紹介(リファーラル)を通して候補者を紹介してもらうための受付ポータル機能があります。このポータルでは、紹介エントリーの受付を一箇所で行うことができるため、メールのやり取りが発生しません。また、受信したメールに添付された履歴書を改めてシステムに保存するといった作業も削減されます。加えて、紹介会社や社員リファーラルの活用で課題となるのが、紹介を受け付けたタイミングです。ポータルを使えば、一番早く候補者を紹介してくれた人が誰かが一目瞭然です。従来のメール受信時刻の確認作業なども大幅にカットすることにつながります。